工場での勤務体制にはどんなものがあるの?

勤務時間では日勤と夜勤の大きく2つに分類できる

工場の勤務体制を作業員の勤務時間で分類すると、日が照っている午前中から夕方にかけての時間帯に仕事をする「日勤」と、外が暗くなる夜間に仕事をする「夜勤」の2種類に分けられます。工場の場合、日勤と夜勤では仕事内容が変わることはほとんどありませんが、日勤だと朝起きて食事をして仕事へ行き、勤務を終えて自宅に戻って寝るまでを過ごすという規則正しい生活を比較的とりやすい利点があり、夜勤は生活のリズムを掴むのが難しい反面、深夜手当がついて時給がアップするため高収入が望めるメリットがあります。

しかし、今日では日勤のみ、あるいは夜勤のみといった勤務体制をとっている企業はあまり多くありません。工場を所有する企業では、工場勤務の従業員には日勤と夜勤を組み合わせた「交代制」または「シフト制」とよばれる勤務体制を採用するのが一般的です。

シフト制では二交代制か三交代制が採用されるのが一般的

主に24時間稼働している工場で一般的な「シフト制」では、従業員をいくつかのグループに分けてシフトを組みます。今日では、2つのグループに分ける「二交代制」か、3つに分ける「三交代制」のいずれかが採用されています。二交代制では日勤をする者と夜勤をする者で分けますが、三交代制では、午前中から日中にかけて、日中から真夜中まで、正子(午前0時)から早朝までといったように二交代制より細かく分割します。

二交代制は生活リズムが崩れにくく、夜勤を終えた後の休日を長めにとれる反面、夜勤が長時間となるため年齢を重ねると体力面できつくなってくるというデメリットがあります。一方、三交代制は勤務時間が長くなりにくくて体力があまり無い者でも適応しやすい反面、身体が慣れるのに時間がかかりやすい点や、プライベートで気の合う者と会うための時間調整がしにくい点などの欠点が存在します。

大阪の寮費無料の派遣の求人として、ホテルの客室清掃や梱包作業、工場の軽作業スタッフなどが挙げられます。