工場の仕事を選ぶ時のポイント

工場の業種や職種で選ぶ

ひとことで工場の仕事といっても多くの業種があります。例えば、自動車本体や部品などをつくる自動車関係の工場やテレビや冷蔵庫など電気製品をつくる工場、弁当やお菓子などを製造する食品関係の工場などです。また、工場の職種は主に製造と部品供給、ライン管理の3つに分けられます。製造とは言葉通り直接ものづくりに関わる仕事です。主に製造マシンの補助的な業務が中心になりますが、機械ではできない仕分けや箱入れは手作業になります。部品供給は製造の仕事がスムーズに進められるよう、不足しそうな部品や材料を倉庫から搬入する仕事です。大きな部品などを運ぶときには、フォークリフトやクレーンなどを使うケースもあります。ライン管理とは、製造工程の全てを管理する仕事です。材料や完成品の管理、従業員のシフト表作りなどを行います。工場の仕事には多くの種類がありますので、自分に合った仕事を選ぶことが大切です。

自分に合った勤務体制で選ぶ

工場の仕事を選ぶ時には、自分のライフスタイルに合った勤務体制を選ぶことも重要です。工場の勤務体制は主に、交替制勤務のシフト制になります。交替制勤務とは職場の営業時間が法定労働時間の1日8時間を超える場合、時間帯を区切って交代で勤務する体制です。多くの工場では24時間体制で製造ラインを動かし、常に工場は稼働しています。1日中誰かしらが勤務することになり、24時間をいくつかに区切っている工場がほとんどです。シフト制は出勤日や出勤時間が、月や週ごとによって異なります。一般的に勤務日と勤務時間が決まっている固定シフト制と出勤日や出勤時間の希望を出せる希望シフト制があり、工場によって異なります。自分の生活スタイルに合った、勤務体制の工場を選びましょう。

大阪の寮の派遣で、寮ではインターネット回線が無料で利用可能というところもあるので余計な設備投資も必要ありません。